退職金は愛に投資せよ~快適なシニアカー

安心安全かつ快適なシニアカーのすすめ

シニア層ともなると長距離を歩きや自転車で移動するのは中々に難しく、移動の中心は車になりがちです。都心部などに住んでいれば公共交通機関の利用も考えられますが、それだけで不都合なく生活を遅れるほど発達している地域は意外と少ないもの。
しかし、車もずっと乗り続けられるとは限りません。歳を取るにつれて、認知能力や判断力、視力、反射神経などが衰えてしまうと、安全な運転を続けるのも難しくなってしまうでしょう。
そんな時におすすめしたいのがシニアカーです。足腰に負担をかけず、しかも安全に移動できるステキな乗り物なんですよ。販売店はもちろん、介護展示会などでも販売されています。奥さんの買い物用に、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

そもそもシニアカーってどんな乗り物?

シニアカーはその名前の通り、シニア層に向けて開発された乗り物です。三輪、または四輪になったバイクに椅子を乗せたような構造をしており、この椅子に深く座り込んで運転します。荷物を入れるためのカートが用意されているものも多く、買い物などで荷物を運ぶことになっても置き場所に苦労しなくて済むでしょう。なお、シニアカーは老人がよりよい生活を送るために開発された福祉機器としての色合いが強く、購入の際に介護保険を適用することが可能です。
動力は電気で、時速はだいたい6kmほど。数字を聞くとかなりゆっくりしているように思われますが、実は普通に歩くよりも速いため、よほどの遠出でなければそこまで時間をかけずに到着できます。また、この程よい速度のおかげで運転も簡単で、すぐに止まれるのでとても安全です。またシニアカーは法律上歩行者として扱われるので、歩道を走行します。そういった点でも安全性が高いと言えるでしょう。

シニアカーの2つのタイプ・まずは三輪シニアカーについて

シニアカーには三輪タイプと四輪タイプの二種類が存在します。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分にあったものを選びましょう。
三輪シニアカーはタイヤが一個少ない分、四輪シニアカーよりも軽くなっています。乗った時の感覚は自転車に似ているとも。また曲がる際に小回りが効きやすい点もウリの一つで、細かなカーブが連続する田舎道などを走るのならこちらがオススメです。
ただし、軽いこともあって若干倒れやすいのがデメリットです。企業側の工夫によって安全性は日々向上していますが、それでも四輪に比べるとやや劣ると言えるでしょう。

四輪シニアカーについて

四輪シニアカーは四つのタイヤでしっかりと路面を掴むため、非常に安定しています。
また、運転用のハンドルが円形になっているものが多く、両手で掴むだけでなくとっさに片手で運転することも可能。片手が麻痺している方でも問題なく運転できるように調整できるタイプもあります。
さらに悪路を走行する時でも座席があまり揺れないように衝撃を吸収するサスペンションがついていたり、足の長さに合わせて座席シートの位置を調整したりすることができるタイプも販売されています。
このように安定性が高く、運転者の負担を和らげる工夫が多数施されている点が四輪シニアカーの魅力です。ただし、三輪シニアカーに比べると曲がる際の小回りは効きにくく、また本体の重量も若干重めになる点は注意が必要です。

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス