最新の安全装置を積んだ車

末永く乗るからこそ、より安全な車を

車は生活を充実させてくれます。歩きや自転車では行けない場所まで足を伸ばすことができますし、運転そのものが楽しいという方も多いでしょう。
しかし、歳をとってくると、若い頃のように自由自在とはいかなくなってしまいがち。努力次第で体や脳をある程度若く保つことはできますが、それにだって限度はあります。そんな悩みを解決する一助になってくれるのが、現代の技術で開発された安全装置の数々です。
悲しい事故を起こしてしまわないためにも、そして自分自身とパートナーの身を守るためにも、安全装置の搭載された車を検討してみてはいかがでしょうか?

まるで人の目のように、立体的に障害物を捉えるスズキの「デュアルカメラブレーキサポート」

「デュアルカメラブレーキサポート」はスズキが開発、採用している安全装置です。
これらはまるで人の両目のように、フロントガラスの上部に二つのカメラを設置し、その両方の映像を統合することで、歩行者や障害物、他車の位置を立体的に把握するしくみです。車が障害物などに近づきすぎた場合は自動的にブレーキがかかり、衝突を回避してくれるのです。
さらに、徐行運転中には4m以内の障害物を車が認識し、アクセルを踏み込んでしまった時に加速を抑える機能も搭載。これによってアクセルやブレーキの踏み間違いによる追突を予防します。また、自動車道の走行中に車線から逸脱しないようにブザーで警告する機能まで搭載されています。至れり尽くせりといったところですね。
このデュアルカメラブレーキサポートは、スズキの軽自動車「スペーシア」や「ハスラー」にオプションとして実装することが可能です。
スペーシアはミニバンのような広い収納スペースを確保しており、また座席を自由自在にアレンジできる点がウリ。ハスラーは「遊べる経」というコンセプトを掲げており、高い車高をもち、さらにタイヤのグリップ力をサポートすることでパワフルな駆動力を路面に伝える「グリップコントロール」を搭載しています。

レーザーレーダーとカメラを組み合わせた、ダイハツの「スマートアシスト2」

「スマートアシスト2」はダイハツが採用している安全装置です。 これまでの安全装置と同様にレーザーレーダーで前方の障害物や車を感知するだけでなく、フロントウィンドウにカメラを設置。この2つでより正確に前方の状況を把握します。 他の車に対しては、前方80mまでの車両を検知し、距離がつまりすぎると自動的にブレーキで減速。歩行者に対しては、前方50mまでをカメラでチェックし、こちらも距離が詰まると減速します。 これに加えて、デュアルカメラブレーキサポートと同様に車線からの逸脱を警告する機能も搭載。また、発進時にアクセルとブレーキを踏み間違えて後方の障害物と衝突するのを回避する機能まで搭載されています。 スマートアシスト2はダイハツの軽自動車「ムーヴ」「キャスト」「タント」に実装されています。 ムーヴは軽自動車で初めての安全評価最高ランクを獲得した名車。キャストは個性に合わせて「キャスト」「スタイル」「アクティバ」の3バージョンを展開している面白い軽自動車として好評。そしてタントはスライド式のドアが非常に大きく開くため、大きな荷物を無理なく詰める点が評価されています。

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス