退職金は愛に投資せよ~老夫婦のためのベッド

老夫婦のためのベッド

余生のベッドは、パートナーと共に! 性交渉の回数も増え、老年の夫婦生活も円滑に進みます。会話も弾んで笑いが増えれば、病気だって遠ざけられる!? ぜひご一読を。
ベッドを新調するというのも、退職金の有意義な使い方と言えるでしょう。それまではベッドを別々にしていたご夫婦も、退職を機に同じ布団で夜を過ごしてみませんか? パートナーの温かな息遣いを隣に感じることができる…これも老後の贅沢の1つです。

性生活の復活のためにも…

ベッドを共にする、という行為はシンボリックです。それまでは、もう性交渉はワールドカップやオリンピック並の出来事となっていた夫婦にも、自然と男女の交流が戻ってくるはずです。1999年、イギリスで45歳から59歳の男女を対象に行われた調査によると、「セックスの回数が多い人ほど死亡率が低い」という傾向も発見されています。

また、1982年にアメリカのデューク大学が発表した報告に、「男性には長寿には性行為の回数が、女性の長寿には性行為の質が関係している」というものもあります。「男は質より量!」というのも、何やら現金な話で面白いですよね…。

会話も弾む同衾

画像
ベッドを共にすることで、否が応にも会話が増えるというメリットがあります。言葉のやり取りもまた、夫婦生活を心の通ったものにしてくれます。また、気軽なジョークを飛ばして笑い合うことは、健康にも良いとされているそうです。
ナチュラルキラー細胞」と呼ばれるガンを殺してくれる細胞は、笑いによってその数が増え、活動も激しくなります。つまり、笑いはガンを遠ざけてくれるそうです。また、鎮痛作用を持つ脳内モルヒネを増加させ、自律神経を安定させる効果もあるとか…。

体に合ったベッドを…

いくらパートナーと共に1つのベッドで過ごすことができても、そもそもベッド自体の質が悪ければ話になりません。退職後のベッドは、時間をかけてじっくりと選ぶようにしましょう。硬すぎるマットレスではくつろげませんし、柔らかすぎるマットレスはお尻が沈んで腰痛を誘発します。お店できちんと寝心地を確かめて最適なものを購入しましょう。
また、フレームについても、部屋のムードとマッチするカラーを選ぶことも大切です。このあたりは、大体において美的センスが豊かな女性に助言を求めればいいでしょう。
良いベッドは、睡眠の質を上げ、また夫婦生活の密度を濃くしてくれます。2人で家具屋さんに出かけて、仲良くダブルベッドを選ぶのも、微笑ましいことですよね。
バナー

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス