夫婦2人で手軽に始められて楽しめる趣味~カラオケ

2人でカラオケを始める

若者であればカラオケボックスでわいわいやるのが定番のデートコースですが、リタイア世代だとそんな光景から遠ざかって久しいでしょう。ようやく自由な時間ができたのですから、若い頃を思い出してカラオケを始めてみるのもよいですね。

何もなくてもお店に行けばできるカラオケは手軽なデートスポットです。退職金を投資するというと大袈裟ですが、カラオケもただではできませんから資金があるというのは重要なことです。


カラオケの機械を購入して自宅で練習

カラオケはお店に行かなくてもできるものです。最近は通信カラオケやカラオケ入りマイクなんてものまで売られています。お店が遠くてなかなか行けない場合や身体に障害があって外出が困難という場合に役立ちます。出費もそれほど多くはありません。 もちろん、お店だけでは物足りないから自宅で練習するという人にもおすすめです。

カラオケ店並みの装備を導入して本格的にやる人もいますが、この場合には退職金が威力を発揮してくれますね。


カラオケ教室に参加する

最近はどこの街にもひとつくらいはカラオケ教室があるようです。教室の内容は千差万別です。
名のある音楽家が認定した有資格者が指導に当たる教室や、地域で音楽活動を行っている先生が開いている教室。さらには、特別な資格や経歴は持たないが歌のうまい人がやっている教室などがあります。

また、地域や企業の文化事業の一環でカラオケ教室を開催する場合もあります。
指導が行われる日程は柔軟に対応してくれる教室も少なくないようですが、それも含めて夫婦で通いやすい教室を見つけるといいですね。

さらに、カラオケ教室の中には外部も含めたカラオケ大会を主催する教室も結構あるようです。このような教室に参加すれば、ほぼ自動的に近隣の大会に出場する機会が得られます。

ただ、カラオケ大会には参加費がかかりますし、交通費や場合によっては衣装代も必要になるでしょう。複数の大会に出るようになれば結構な額になる可能性もあります。しかし、夫婦そろってできる趣味のためですから、意味のある投資ではないでしょうか。


カラオケ喫茶に通う

お茶を飲みながらちょっと一曲。こんな楽しみ方ができるのがカラオケ喫茶です。こちらも街にいくつかあるでしょう。最近のカラオケ喫茶はカラオケ教室と連携しているお店も多く、カラオケ大会への出場の案内をもらうことがあります。 また、カラオケ喫茶自体が主催するカラオケ大会も珍しくありません。


交友関係を広げられるのがリタイア後のカラオケ

カラオケ教室やカラオケ喫茶がカラオケボックスと決定的に違うのが、他の人たちと接する機会が多いことです。早い話、カラオケ仲間が増えるわけです。リタイア後は家に引きこもりという状況を回避するにはぴったりかも知れません。まずは夫婦でデュエットなどを。
バナー

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス