リタイア後の九州旅行は…大分!

九州地方に旅行に行く計画があるならば、大分県の観光をおすすめします。大都会・福岡も刺激的ですが、老夫婦に向いた場所とは言えません。熊本で阿蘇山火口を眺めるのもアリでしょう。しかし、その後の観光プランを県内だけで練るのは、少し困難なはずです。

全国的にも温泉が豊かな県として有名な大分は、また観光スポットも多く、老夫婦にとって非常に過ごしやすい土地です。九州の旅行ならば、別府~由布院がベストでしょう。
別府の街で海鮮と観光!
一帯に硫黄の雰囲気が立ち込める別府の街は、観光スポットも多い街です。季節ごとのイベントも多く、特に人気があるのが夏場の「HANABIファンタジア」。次々と打ちあがる巨大な花火が、別府の夜空を彩り、幻想的な気分を味あわせてくれます。観光施設としての温泉も数多くあり、決して退屈することはありません。ハデハデしい娯楽は乏しめですが、だからこそ老夫婦の方々はのんびりと観光を楽しめます。

また、別府は海産品が豊かな街としても知られています。特におすすめなのは、やはりフグです。経済的な余裕のある老夫婦でしか味わえない贅沢を、堪能してしまいましょう。
由布院でワビサビあふれる入浴
由布岳の山道を進んでいくと、全国的にも非常に有名な温泉宿、由布院に到着します。風情あふれる景色の中、ぶらぶらと歩くだけでも幸福な気持ちになれるでしょう。もちろんすべての温泉は泉質も抜群で、健康・美容効果も絶大です。癒しと共に、明日を生き抜くパワーをもらえるはずです。日本の夫婦として、一度は訪れておきたい温泉街と言えます。

ちなみに由布岳の山道は、夏場は見事な緑に染まります。車窓から眺めているだけで視力が良くなりそうな絶景です。しばし路肩に車を停めて、外の空気を思いきり吸い込んでみましょう。全身の細胞が震えるような素晴らしい感動を得られるはずです。

九州には、他にもたくさん魅力的な県があり、観光スポットがあります。しかし、老夫婦のスローな生活スタイルにフィットする県は、少しさびれた雰囲気も漂う大分しかないでしょう。若いときには感じられなかった、しみじみとした「旅情」を、きっと2人で存分に味わえるはずです。