お墓を買うのも愛のうち

人にとってお墓というのは、死後の自分の居場所となる場所です。ちなみに、「先祖代々の墓があり、自分もやがてはそこに入る」こんな人はお墓を買う必要はありません。

しかし「自分は家を出た身なのでお墓がない」という場合、どうしましょうか。退職金でお墓を買うという選択肢があります。自分の入るお墓がないということは、普通に考えれば妻が入るお墓もないということです。ここはひとつ、妻への愛をこめて買ってみてはいかがでしょうか。
巷でいわれるお墓事情
最近は買いたくてもお墓が足りないという場合もあるようです。そんなときは、代替施設などを考えるしかありません。お金さえ出せば解決することも多いようです。

ここで別の大きな問題がひとつあります。
このところ「旦那と同じ墓には入りません。」という奥さんが増えているそうです。
その理由として主に以下のものがあります。
・旦那が自分の先祖代々の墓に入るなら、自分も自分の先祖代々の墓に入りたい。
・知らない人ばかりの旦那の墓は嫌だ。
・姑が入っている墓になんか入りたくない。


なかなか辛辣ですね。しかし、ここまでの理由なら退職金でお墓を買うことの障害にはなりません。なぜなら、買うのは2人だけの愛のお墓だからです。

問題は、旦那以外に誰も入っていなくても一緒の墓には入りたくないというケースです。この理由としては主に以下のものがあります。
・旦那がどうするかではなく自分は自分の先祖代々の墓に入りたい
・仲の良い友達と一緒のお墓に入りたい
・旦那が入っているだけで嫌だ


妻が妻の先祖代々の墓に入りたい場合は、退職金で買うのを諦めて夫もそっちに入れてもらうことで同じお墓に入れます。これもひとつの愛の形でしょう。

しかし、次の2つは深刻です。
友達と一緒っていうのは、何かをこじらせてしまったのでしょうか。なんとか引き戻すことも無理ではなさそうな気はしますが…。
ただ、最後のはキツイです。なんともいいようがありません。そもそもの夫婦関係を見つめ直すところから始めなければいけませんね。

といっても、こういう奥さんはまだまだ少数派です。
将来も考えたうえで墓を買う
近年は少子高齢化が進んでおり、せっかく買ったお墓の管理やお参りをする人間がいないという問題があります。子供がいない夫婦や、子供が遠方に定住している夫婦にとって、自分たちの墓がどうなってしまうのかを考えれば購入を躊躇するのも無理からぬこと。

しかし、時代を反映した解決策が出てくるのが世の常です。すでに、墓守不要のシステムを導入しているところも増えています。自分たちに合ったところも見つかるでしょう。

生きている間はもちろんのこと、この世から去った後も一緒にいられるのが何よりです。夫婦2人で仲良く入れる場所を確保しておくのも愛情であり、退職金の有意義な使い方です。