シニアだからこそ服を贈ろう

パートナーに服を贈ろう!何歳になっても身だしなみ

もう歳だから、といって服装に無頓着になってしまってはいませんか? 確かに若い頃のような服装は気分的に着にくくなってしまいますし、サイズが合わなかったり、あるいは動きにくかったり素材が重たかったりして着られない、ということもあるでしょう。
しかし、だからと言って衣服を軽視してはいけません。衣服の乱れは心の乱れとも言うように、服装が老いれば心身もいっしょに老いてしまうものなのです。

シニアだからこそ服を贈ろう

衣服に気を配らなくなってしまうような状態を避けるためには、パートナーに衣服を贈るのがおすすめです。パートナーの服の趣味をしっかりとリサーチした上で、心をこめて贈ればきっと喜んでもらえるでしょう。そしてその趣味がきっかけとなり、忘れていたおしゃれや衣服へのこだわりを思い出してもらえるかもしれません。パートナーがおしゃれを通して活発になり、若々しくファッションを楽しんでくれたら、とても嬉しいですよね。
シニア層にはシニア層なりのオシャレがあり、そこには若年層とは違った魅力や楽しみがあるものです。いつまでも心は若く、おしゃれを楽しむ余裕を持ち続けたいものですね。

重ねた年齢が醸し出す、落ち着いた雰囲気が魅力的なシニアファッション 言わずもがなではありますが、シニアファッションは他の年齢層のファッションとはだいぶ勝手が異なります。全体的には落ち着いた雰囲気のデザインやカラーが中心となり、若干地味とも言えるアイテムが多くなります。
しかし、地味なように思える衣服でも、年齢を重ねたシニアが着るとしっくりと馴染むもの。シニアファッションは、本人が醸し出す年長者特有の重厚で落ち着いた空気とうまく調和するようにつくられているのです。決して地味になりすぎず、しっかりと地に足の着いた存在感を発揮することができるでしょう。
もちろん、趣味であるなら少し派手なものにチャレンジしてみるのもよいでしょう。王道を外れて冒険してみるのもワクワクしてよいものです。成功すれば万々歳ですし、たとえ失敗しても笑い話にしてしまいましょう。

2人で仲良く買いに行こう

衣服を贈るなら、いっそ事情を話してパートナーと一緒に買いに行くのもおすすめ。やはり服のセンスは本人が実際に見て確認するのが一番ですし、何より2人でお店を回るのはまるで若い頃のデートのように楽しい時間となるはずです。もしかしたら自分が思っていたものとはまったく違うセンスを発揮させて驚いてしまうかもしれませんね。
ショッピングデートで服を買ったなら、もしかしたら2人の気分も盛り上がってくるかもしれません。懐かしい時代を思い出して、燃え上がることもあるでしょう。しかし心がどんなに若返っていても、体がついてこられるかどうかは別問題。
そんな時に備えて、買い物前に用意しておきたいのがバイアグラです。かつてはお高い薬のイメージがありましたが、現在では技術の進歩により価格も抑えられました。老人であっても問題なく服用できるものも存在し、医師の診療を受ければ健康問題などを加味した上で適切な処方を受けることが可能です。
せっかく熱くなってきた気分に水をささないためにも、男としての配慮は忘れずに。

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス