退職金は愛に投資せよ~インテリア・車で余生が華やぐ

愛車に愛する伴侶を乗せて

その退職金、まずは何に使いますか? 車を買えば、余生はより濃密なものとなるはずです。高級車、ハイブリッドカー…あなたの好みの一台を選びましょう!
退職金の使途として高い人気を誇るのが、車です。すでに、「余生にはこんな贅沢な車に乗ってみたい」と計画している若い人も多いのではないでしょうか。しかし、せっかくならば独りよがりな趣味でなく、パートナーも子どもたちも満足してくれそうな一台を選びたいところです。一体どんな車が家族全員の理想になるのかを、少し考えてみましょう。
退職金の使い道アンケート調査⇒>新大人研レポートⅤ「"新しい大人世代"のお金に関する意識」 | 博報堂

高級セダン? 外車? それとも…

まずは、あまりにもロマンに欠ける軽自動車やトラックは除外します。できれば4人以上が快適に乗れる車にしたいので、2シーターのクーペも除きましょう。実用性ばかりを重視するのも無粋ですし、コンパクトカーも選外ではないでしょうか。

艶々と底光りする高級車…とりわけセダンが、やはりリタイア後の男性には大人気のようです。容量もばっちりなセダンなら、家族とのドライブも賑やかなものとなるはず。国産・外国産でいろいろな車種があるので、予算と合わせて選び抜いていきましょう。

しかし、退職後には思う存分旅行を楽しみたい人は、別の選択を考えた方がいいかもしれません。高級セダンは往々にしてハイオク車が多いので、決して燃費は良くないからです。

ハイブリッドカーで地球にも優しく

プリウスに代表されるハイブリッドカーを余生の一台として選ぶのも、素敵な選択でしょう。車体の光沢も豊かで高級感があり、燃費も抜群です。車内空間も必要十分で、ロングドライブでも疲れを感じません。車を使う機会が多くなりそうな人にはおすすめです。

車があれば、余生も広がる

行動範囲を広くしてくれる自家用車があれば、老後の生活もぐっと華やぎます。パートナーを乗せてショッピングや温泉やぶらり旅に出かければ、互いの絆も深まるはず。在職中は忙しくて滅多にお出かけができなかった…というあなたにこそ、車はおすすめ! 退職金をはたいて、ぜひとも新車で購入し、気持ちの良いドライブを楽しみましょう。
具体的にどんな車種がおすすめかは、別のページで詳しくご紹介しましょう。もちろん車の運転には免許が必要ですので、まだお持ちでない方は60代からでも取得を考えてください。車はあなたの人生の奥行きを確実に深めてくれます。春夏秋冬、季節によっていろいろな表情を見せる日本を、愛車に、愛する伴侶を乗せて隅々まで回ってみませんか?
バナー

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス