祝おう!○○婚式~金婚式

いつかは迎えたい、あこがれの金婚式

50回目の結婚記念日、すなわち結婚50周年の記念するお祝いが金婚式です。20歳で結婚したとしても金婚式を迎える時には70歳。ここまでくると、金婚式を迎えられる夫婦も少なくなってしまうかもしれませんね。しかし、だからこそ、無事に50回目の結婚記念日を迎えられたのなら盛大にお祝いをしたいものです。夫婦二人三脚で半世紀もの長さを生きてきたこと、そして二人でたくさんの思い出を積み重ねてきた事実には他に変えられない素晴らしい価値があるでしょう。
金婚式の由来や風習などについて紹介しますので、この大切な記念日を彩る一助にしていただけたら幸いです。

>金婚式の由来について

金婚式の発祥はイギリスだと言われています。そもそもイギリスには結婚記念日を祝う式がたくさん存在し、金婚式はその中の一つなのです。
ちなみにイギリスでは、結婚15週年までは1年毎に「◯◯婚式」が設けられており、15周年以降は5年毎に同様のお祝いがあります。元々は5周年単位で祝っていたようなのですが、アメリカにこの風習が伝わった際に1年毎に祝う習慣がつけたされたという説があるようです。
結婚記念日を祝う習慣が日本で取り入れられたのは、明治天皇の銀婚式がきっかけだと言われています。これは1894年に明治天皇が結婚25周年を記念して祝典を催したもので、この祝祭によって日本人が結婚記念日を知ることとなったのです。

記念日にも様々な意味や風習がある

イギリスでは25周年の銀婚式以降、30周年の真珠婚式、35周年の珊瑚婚式、40周年のルビー婚式、45周年のサファイア婚式と続きます。これらの貴金属や宝石の名前を冠した記念日には、その記念日の名前にちなんだ宝石を贈る習慣があるようです。この際にはどちらかがパートナーへと一方的に贈るのではなく、夫婦で互いに贈り合うのが定番です。
この流れを汲んで、金婚式にも金のアクセサリーなどを贈り合う風習があり、こちらは日本にも取り入れられています。日本独自のアレンジとして、夫婦二人の名前を刻印した金の盃を共同で購入する習慣が見受けられます。 ちなみに「金婚式」という名前は、夫婦が金色の輝きと豊かさを得た記念日、という意味です。50周年を迎えられるほどのオシドリ夫婦ですから、心の輝きも豊かさも間違いなく金色なのでしょうね。

金婚式の贈り物

せっかくの金婚式ですから、パートナーに記念品を贈ったり、互いに贈り合ったり、あるいは何かを共同で購入するのもいいですね。前述のように、定番としては金の盃やアクセサリーが挙げられます。
他にも結婚した年に製造されたヴィンテージ物のワインもよい記念になるでしょう。結婚した当時を思い返しながら二人で飲むのもいいですし、記念品として大切にしまっておくのも一興です。お酒なら吟醸酒もしばしば候補に挙がります。吟醸酒の中には金箔をあしらったものがあり、これを「金」婚式とかけてのプレゼントというわけですね。
また、物ではない贈り物もよいでしょう。夫婦水入らずで旅行に行き、思い出の場所や観光地を巡って昔を懐かしむ夫婦も多いようです。
また、二回目の結婚式という驚きの記念品も見受けられます。当時の服装を忠実に再現したり、逆に現代風の衣装で式を挙げてみたりと楽しみ方はそれぞれ。式場によっては金婚式用結婚式に対応したサービスも実施しているようです。

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス