祝おう!○○婚式~15周年

15周年から祝う3つの記念日

結婚記念日には、実にさまざまな種類があります。よく知られているのは、銀婚式、金婚式と言ったところでしょう。それぞれ結婚から25年、そして50年の記念日をお祝いします。しかし、もちろん夫婦のための記念日イベントは、この2つだけではありません。

夫婦関係も円熟を迎える結婚15年から、3つの結婚記念日を紹介しましょう。それぞれの由縁を知り、それにちなんだプレゼントを用意して、パートナーに贈ってください。

15周年…水晶婚式

夫婦になってから15回目の結婚記念日のことを、水晶婚式と呼びます。それくらいの期間を共に過ごせば、その絆は水晶のように美しく、高い強度を持つはず。どこか爽やかなイメージもある、素敵な結婚記念日です。

贈り物は水晶、あるいは水晶をあしらった品を贈るのが基本です。特に人気が高いのは時計やネックレスなどの装飾品。2人で一緒に貴金属店に選びに行ってもいいでしょう。

20周年…磁器婚式

夫婦生活も、20年続けていれば大ベテランです。記念日である磁器婚式は、盛大にお祝いしたいところ。お子様のいる家庭は、そろそろ彼らの自立のめどもつく頃かもしれませんね。家族みんなで食事に行ったり、パーティーを催したりするのも、素敵な祝い方です。

磁器婚式は、やはりそのネーミングにちなんで磁器製の調理器具・食器などを贈るのがしきたりです。あるいは、ちょっとした置物を贈っても喜んでもらえるでしょう。

25周年…銀婚式

世間的にも有名な銀婚式は、結婚して25年の夫婦のための記念日です。大きくなった子どもたちから贈り物を受けることもあるでしょう。お世話になった親戚を集めてお祝いするのも良いかもしれません。

贈り物はもちろん、銀製のものを。何もアクセサリーや指輪ばかりにこだわる必要はありません。フォークやスプーンなども、長年愛用できる優れたプレゼントとなります。

綿々と積み重ねてきた夫婦の絆、きちんと形にしてお祝いしたいものです。「○○婚式」をおろそかにしないことは、パートナーに対する敬意の表明にもなります。「これからもよろしくね」という気持ちを、プレゼントと態度に込めて、彼/彼女に贈ってください。

贈り物の選び方

退職金は愛に投資せよ

絆もぬくもる温泉デート

60代からの愛ある性生活

祝おう!○○婚式

伴侶の、何をも知らない!?

シニアから始まるセックス

年齢による脳の老化現象

老後のお金はどう運用する?

夫婦のための趣味を作る

過去トピックス